au携帯→android使いの気まぐれ書き人が実際使ってみた携帯向けtwitterクライアントサイトやandroidアプリなどを紹介するブログ(不定期更新)
(スマートフォンアプリは機種等によって相性があります。
苦情・要望はこちらではなく、作者さん宛(サイトやアプリストアにある連絡先)にお願いいたします。)


 今回はAndroidアプリのレビューを一旦離れ、
スマートフォン用のオプションパーツのレビューを
(・ω・)。

今回のレビューは「貼って使えるストラップの穴(プチガムタイプ)」
ストラップの穴のないスマートフォンをお持ちの方や、
ストラップの穴が足りないと感じる人が使うにはもってこいのオプションパーツ
(・ω・)。


FxCam_1403318813612
(パッケージはこんな感じ(・ω・)。
色のバリエーションは10色ほど。
また、プチガムタイプの他に
ナノブロックというブロックタイプのものもあるようだ。)

 自分は地元の某大型ショッピングセンターでgetしたが、
大手の通販サイト(アマゾンや楽天市場など)や
メーカーさんの通販サイト( http://www.strapya.com/ )でも購入できるかと。
(ただし、メーカーさんの通販サイトにはブロックタイプのものしか見つけられなかった…orz)

2014-07-03-01-18-35_deco
(パッケージから出したとこ(・ω・)。
サイズはまさにプチガムサイズなので、
小さなお子様などがいる家庭での取り付け及び保管は注意が必要かと)

2014-07-03-01-19-02_deco
(裏面。
貼って使えるというだけあって、裏面は両面テープ仕様。)

2014-07-03-01-19-38_deco
(側面。 画像ではわかりづらいかもしれないが
このタイプは四側面にストラップを通す細い穴が施されている。)

20140624201111-232
(取り付けの一例として(・ω・)。
ハードケースの背面の四隅と中央部分に今回のパーツをつけて
四隅はケースの足代わりとお気に入りのストラップをつけるのに、
中央部分は片手持ち対策でフィンガーストラップをつけるのに使用。)

 ちなみに自分の機種にはストラップの穴はついて入るのだが、
そちらの穴にはネックストラップをつけているので、
他のストラップをつけるには穴が足りず
また無理に付け足そうにも厳しいので今回のパーツをケースにつけた次第だ
(・ω・)。


【まとめ】

 貼って使えるというので前記種のハードケースの背面の四隅にもつけたことがあるのだが、
2年ほどたった今でもしっかりついているので意外と粘着力は強いかと。
(・ω・)
(貼る際にはガッツリ押さえて、しばらくおいておいたほうがしっかりくっつくかと。)

 だだ、大手通販サイトのレビューの中には
ネックストラップを付けて使うと使っているうちにパーツが取れてしまったというレビューもあったので、
ネックストラップをつけてとなると厳しいかもしれないが、
ネックストラップ以外のストラップならよっぽど無理な力を入れたりしなければ取れないのではないかと。

 機種本体に直貼りするのもありだろうが、修理の際のことを考えると
ハートケースに貼って使ったほうがいいのではと(・ω・)。
(もちろんシリコンケースなどのソフトケースには使えないが、
ハードケースでも素材や加工によっては難しいものもあるかもしれない…。
(素材違いのケースを持ってないので検証できないのだが…(;・ω・)。))

 最後にメーカーさんはこのアクセサリーパーツをなくさないで生産・販売を続けてもらいたいですね。


と、今回はここで〆っ
(・ω・)ゝ


Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ